ブログトップ

あうんさん・すうじぃの7インチブログ

aunsan.exblog.jp

ディスクユニオン100円セール

Tanyさんがツイッターで、「ディスクユニオン大阪店、本日限り、中古レコード514円以下が100円セール。」とつぶやいていたのでたまらず行って来ましたよ。
a0138550_12185854.jpg

オーティス・レディングやファッツ・ドミノが100円。アイズレー・ブラザーズの分派、アイズレー・ジャスパー・アイズレーはノーマン・クックがおったハウスマーティンズもカバーしてた「キャラバン・オブ・ラブ」。

まだまだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」を引きずってます。スティービー・ワンダーやシェリル・リンのベタなやつもオリジナル盤が100円。
a0138550_12235443.jpg
a0138550_12244312.jpg

5枚で500円ってディスクユニオンこんなんしたらあかんやろ。いや嬉しいけど。他のレコード屋は絶対勝たれへんやん。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-09-14 12:31 | 7インチレコード | Comments(0)

ピート・タウンゼント・ファンクラブ

先日、アサオカ01、シンムラテツヤのレコ発でDJしてきました。
ライブの間にするDJは楽しい。
なるべくライブする人の好みにあわせてかけようとしてます。

シンムラくん「ピート・タウンゼント・ファンクラブ」って曲をやってるので、
ピート・タウンゼントの「ハートの扉」って曲をかけました。
1980年に全米9位のヒットソングなのに、
ロックファンにはまったくもって知られていない曲。
もしかしたらフーが好きって人にも知られていないのか?
a0138550_121674.jpg

シンムラくんのTシャツがキンクスやったんでキンクスもかけました。
「ひなたぼっこが俺の趣味」
a0138550_12171623.jpg

対バンならぬ対DJのナカグチくんもスネイキーさんも
「ときめきトゥナイト」を持って来てて3枚そろった。
3人で交代交代まわすん楽しかった。レコードで遊ぶんおもろいな。
a0138550_12185381.jpg

シンムラくんの7インチも入手。
最近はみんな7インチ出してて嬉しいわぁ。
a0138550_12211344.jpg

[PR]
# by aunsansuzie | 2016-09-13 12:26 | 7インチレコード | Comments(0)

ビルボード・ナンバー1

「ビルボード・ナンバー1・ヒット」という本を借りたので、
全米1位について考えてます。
a0138550_11575240.jpg

全米1位獲得曲数をランキングはこんな感じです。
1位20曲 ビートルズ
2位18曲 エルビス・プレスリー、マライア・キャリー
4位13曲 マイケル・ジャクソン、リアーナ
6位12曲 マドンナ、シュープリームス
8位11曲 ホイットニー・ヒューストン
9位10曲 スティービー・ワンダー、ジャネット・ジャクソン
11位9曲 ポール・マッカートニー

50年代はエルビスの時代、
a0138550_11511197.jpg

60年代がビートルズ、シュープリームスの時代、
a0138550_11521932.jpg

a0138550_1232651.jpg

70年代はスティービーとポールの時代、
a0138550_11531826.jpg

a0138550_11534018.jpg

80年代はマイケルとマドンナの時代、
a0138550_1155335.jpg

90年代はホイットニー、ジャネット、マライアの時代、
00年代はリアーナの時代とだいたいこういった感じですかね。
正確には時代をまたがってたりしてますが。
ポールはビートルズとあわせるとさらにすごいですね。

こうしてヒットチャートを冷静に見ると
ロックって80年代には終わってるよなぁと思います。
90年代以降は女性R&Bシンガーの時代ですね。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-09-13 12:04 | 7インチレコード | Comments(0)

ロマン商店

京都のロマン商店に行きました。ここの店は安くてええ店です。

こないだ「ラ・バンバ」をカバーしたのでロス・ロボスのを。
スパイダースのあまり見ないシングルも共に100円。
a0138550_17291415.jpg

3枚100円コーナーの中からは、
タイガースのソノシートとジュリー、カッツェ。
a0138550_1736623.jpg

前にカッツェの中村敦を今でも大ファンって人にあったな。
そんな人は嬉しいわ。清志郎ファンでRCしか聴かない人は残念に思う。
カッツェのレコード、あんましやったけど。

5枚でしめて300円って安いわぁ。ロマン商店ええ店やわ。
大阪にあったらもっと行ってるわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-31 17:40 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その3

まだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」を引きずってます。
ストレイトレコードにこないだ手持ちがなくて買えなかった
マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」を買いに行きました。
a0138550_14271961.jpg


この本を読んでわいた疑問、
1974年で何が変わったのかをずっと考えてまして、
マーヴィン・ゲイのR&Bチャート1位の流れを見てやっとわかりました。

1969年のソウルの時代
「Too Busy Thinking About My Baby」で1位。
a0138550_14363452.jpg

1973年のファンクの時代
今回買った「Let's Get It On」が1位。
a0138550_1438158.jpg

1977年のディスコの時代
「Got to Give It Up」が1位。
a0138550_143851100.jpg

1982年のブラックコンテンポラリーの時代
「Sexual Healing」で1位。
a0138550_1439447.jpg

「Sexual Healing」だけ再発ですが。

1974年以降好きやなくなったのは個人的に
ディスコ・ミュージックにソウルを感じないってことです。
そりゃダンス・ミュージックとしては機能的やけど、
「Got to Give It Up」は好きやないわぁ。

それに比べたら80年代ブラコン・サウンド「Sexual Healing」の方が、
全然ソウルを感じます。サウンドが打ちこみになったけどソウルフル。

なんのかんのと色々考えさせられた本でした。
時代順に聴くことによって見えるものがありました。
ネット時代はみんな点でしか聴いてないので、
点を線にして流れを感じるのって大事やと思います。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-30 14:55 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その2

「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」
なんて本を読んだら7インチ欲しなるわぁ。
さっそく梅田のストレイトレコードへむかう。

ジョー・テックスの「アイ・ガッチャ」
a0138550_1345015.jpg

ビル・ウィザースの「リーン・オン・ミー」
a0138550_13455731.jpg

2枚で500円にまけてくれた。ええ店やわぁ。
どちらも1972年のNo.1シングル。
1973年までの1位やったら間違いないわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-19 13:49 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編

前にブルース&ソウルレコーズから出た、
60年代のR&Bチャートで1位になった曲を紹介した本、
「No.1 ヒットで知るソウルの歩み」の続編が出てました。
今回は70年代のR&Bチャートで1位を紹介。
a0138550_16164951.jpg

134曲紹介されていて、モータウンやスタックス、アトランティック、
フィラデルフィア・インターナショナル、ハイなど14枚持ってました。
a0138550_16212751.jpg

再発や日本盤も入れたらもっと持ってるんですが、
本で紹介されてるのはオリジナル盤なんで。

1973年までは好きな曲が多いのですが、
1974年に入ると途端に好きな曲が減っていきます。
軽薄なディスコばかりになってきてグッときません。
パーラメントやファンカデリックなどしか好きな曲がないです。
a0138550_16223040.jpg

最後の1979年にマイケルとプリンスが出てきて救われる気分。
でもこの2人はソウルやファンクとは違う音楽を作り上げた気がします。

ずっと自分のことを70年代ソウルも好きやと思ってたんですが、
断然60年代ソウルファンやわ。それにしても1974年に何が変わった?
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-18 16:34 | 7インチレコード | Comments(0)

タカダスマイル

先日、タカダスマイルと久し振りに対バン。
タカダくんが7インチを出していたので入手。
a0138550_14262051.jpg

タカダくんって正直、音楽的才能はないと思う。
好きなものがそのまま出てまうタイプなので、
楽曲はブルーハーツやマーシーの三番煎じ。

これは別に悪口ではなく、そんな音楽の才能がないのに、
レコードまで出せるってよく考えたらすごいですよ。
京都では若いバンドマンからしたわれてるし。

地道に地方にライブまわっててえらいなと思う。
話を聞いてたら客が誰もいなかったこともあるらしい。
結局は才能があろうがなかろうが、やるかやらんかってことやで。
だいたい才能があるかどうかは俺が決めることやないし。
タカダくん、7インチ発売おめでとう!
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-07-17 14:55 | 7インチレコード | Comments(0)

ビッチェズブリュー

毎度恒例のアクトスリーホールのレコードフェスに行って来ました。
正式名称、全日本レコードCDサマーカーニバル。
通称、俺たちのレコードストアデイ。
a0138550_16175655.jpg

今回、ええのはあっても高かったりと掘り出し物はなかって、
あきらめかけてた最後の最後にありました。
マイルス・デイビスのアルバム「ビッチェズブリュー」からの7インチ。
a0138550_1626475.jpg

シングルとかないはずなのでプロモーション用なのか?
両面ともアルバムやったら15分ほどあるのを3分に短縮。
相場知らんけど480円は安いのでは?

でもほんまはルイ・アームストロングの「ハロードーリー」が、
同じ値段やったんでそっちにしようか迷ったんです。

でも60年代のサッチモよりエレクトリック・マイルスのほうが通っぽいし、
マイルスのほうにしたんですが、家帰って聴いたら全然好きやない。

「ビッチェズブリュー」は昔聴いてピンとこえへんかったんやわ。
今やったらわかるかなと思ったけど、
俺はやっぱりわかりやすいアホみたいなサッチモのほうが好きやわ。

レコード買う時はイキったらあかんな。
ほんまに好きなん買わなあかんわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-07-09 16:38 | 7インチレコード | Comments(0)

元町高架下

神戸元町高架下のパコカパでライブやったんで、
久し振りに元町高架下のレコード屋を散策。
モトコーにある4軒行きまして、名前忘れましたが、
一番奥の店がソウルのレコードが安くて良かったです。
a0138550_16133147.jpg

ロバート・パーカーの「ベアフッティン」が200円!
ボ・ディドリー、フレディ・キングも200円。
マーヴェレッツはなんでか50円高くて250円。でも全然安いけど。
ボビー・ブランドだけ100円、日本ではほんま人気ないよな。
5枚でしめて950円、ええ買い物やわ。

元町高架下がなくなるって計画がすすめられてて、
パコカパも神戸市に反対の嘆願書出したりしてます。
高架下のレコード屋なくなるのは寂しいわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-06-28 16:29 | 7インチレコード | Comments(0)