ブログトップ

あうんさん・すうじぃの7インチブログ

aunsan.exblog.jp

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その3

まだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」を引きずってます。
ストレイトレコードにこないだ手持ちがなくて買えなかった
マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」を買いに行きました。
a0138550_14271961.jpg


この本を読んでわいた疑問、
1974年で何が変わったのかをずっと考えてまして、
マーヴィン・ゲイのR&Bチャート1位の流れを見てやっとわかりました。

1969年のソウルの時代
「Too Busy Thinking About My Baby」で1位。
a0138550_14363452.jpg

1973年のファンクの時代
今回買った「Let's Get It On」が1位。
a0138550_1438158.jpg

1977年のディスコの時代
「Got to Give It Up」が1位。
a0138550_143851100.jpg

1982年のブラックコンテンポラリーの時代
「Sexual Healing」で1位。
a0138550_1439447.jpg

「Sexual Healing」だけ再発ですが。

1974年以降好きやなくなったのは個人的に
ディスコ・ミュージックにソウルを感じないってことです。
そりゃダンス・ミュージックとしては機能的やけど、
「Got to Give It Up」は好きやないわぁ。

それに比べたら80年代ブラコン・サウンド「Sexual Healing」の方が、
全然ソウルを感じます。サウンドが打ちこみになったけどソウルフル。

なんのかんのと色々考えさせられた本でした。
時代順に聴くことによって見えるものがありました。
ネット時代はみんな点でしか聴いてないので、
点を線にして流れを感じるのって大事やと思います。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-30 14:55 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その2

「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」
なんて本を読んだら7インチ欲しなるわぁ。
さっそく梅田のストレイトレコードへむかう。

ジョー・テックスの「アイ・ガッチャ」
a0138550_1345015.jpg

ビル・ウィザースの「リーン・オン・ミー」
a0138550_13455731.jpg

2枚で500円にまけてくれた。ええ店やわぁ。
どちらも1972年のNo.1シングル。
1973年までの1位やったら間違いないわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-19 13:49 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編

前にブルース&ソウルレコーズから出た、
60年代のR&Bチャートで1位になった曲を紹介した本、
「No.1 ヒットで知るソウルの歩み」の続編が出てました。
今回は70年代のR&Bチャートで1位を紹介。
a0138550_16164951.jpg

134曲紹介されていて、モータウンやスタックス、アトランティック、
フィラデルフィア・インターナショナル、ハイなど14枚持ってました。
a0138550_16212751.jpg

再発や日本盤も入れたらもっと持ってるんですが、
本で紹介されてるのはオリジナル盤なんで。

1973年までは好きな曲が多いのですが、
1974年に入ると途端に好きな曲が減っていきます。
軽薄なディスコばかりになってきてグッときません。
パーラメントやファンカデリックなどしか好きな曲がないです。
a0138550_16223040.jpg

最後の1979年にマイケルとプリンスが出てきて救われる気分。
でもこの2人はソウルやファンクとは違う音楽を作り上げた気がします。

ずっと自分のことを70年代ソウルも好きやと思ってたんですが、
断然60年代ソウルファンやわ。それにしても1974年に何が変わった?
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-08-18 16:34 | 7インチレコード | Comments(0)

タカダスマイル

先日、タカダスマイルと久し振りに対バン。
タカダくんが7インチを出していたので入手。
a0138550_14262051.jpg

タカダくんって正直、音楽的才能はないと思う。
好きなものがそのまま出てまうタイプなので、
楽曲はブルーハーツやマーシーの三番煎じ。

これは別に悪口ではなく、そんな音楽の才能がないのに、
レコードまで出せるってよく考えたらすごいですよ。
京都では若いバンドマンからしたわれてるし。

地道に地方にライブまわっててえらいなと思う。
話を聞いてたら客が誰もいなかったこともあるらしい。
結局は才能があろうがなかろうが、やるかやらんかってことやで。
だいたい才能があるかどうかは俺が決めることやないし。
タカダくん、7インチ発売おめでとう!
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-07-17 14:55 | 7インチレコード | Comments(0)

ビッチェズブリュー

毎度恒例のアクトスリーホールのレコードフェスに行って来ました。
正式名称、全日本レコードCDサマーカーニバル。
通称、俺たちのレコードストアデイ。
a0138550_16175655.jpg

今回、ええのはあっても高かったりと掘り出し物はなかって、
あきらめかけてた最後の最後にありました。
マイルス・デイビスのアルバム「ビッチェズブリュー」からの7インチ。
a0138550_1626475.jpg

シングルとかないはずなのでプロモーション用なのか?
両面ともアルバムやったら15分ほどあるのを3分に短縮。
相場知らんけど480円は安いのでは?

でもほんまはルイ・アームストロングの「ハロードーリー」が、
同じ値段やったんでそっちにしようか迷ったんです。

でも60年代のサッチモよりエレクトリック・マイルスのほうが通っぽいし、
マイルスのほうにしたんですが、家帰って聴いたら全然好きやない。

「ビッチェズブリュー」は昔聴いてピンとこえへんかったんやわ。
今やったらわかるかなと思ったけど、
俺はやっぱりわかりやすいアホみたいなサッチモのほうが好きやわ。

レコード買う時はイキったらあかんな。
ほんまに好きなん買わなあかんわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-07-09 16:38 | 7インチレコード | Comments(0)

元町高架下

神戸元町高架下のパコカパでライブやったんで、
久し振りに元町高架下のレコード屋を散策。
モトコーにある4軒行きまして、名前忘れましたが、
一番奥の店がソウルのレコードが安くて良かったです。
a0138550_16133147.jpg

ロバート・パーカーの「ベアフッティン」が200円!
ボ・ディドリー、フレディ・キングも200円。
マーヴェレッツはなんでか50円高くて250円。でも全然安いけど。
ボビー・ブランドだけ100円、日本ではほんま人気ないよな。
5枚でしめて950円、ええ買い物やわ。

元町高架下がなくなるって計画がすすめられてて、
パコカパも神戸市に反対の嘆願書出したりしてます。
高架下のレコード屋なくなるのは寂しいわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-06-28 16:29 | 7インチレコード | Comments(0)

TWIN21ディスクセール

ツイン21のディスクセールに行って来ました。
思ったよりええのんなかった。ここは広くてゆっくり見れてええけど。
a0138550_132452.jpg

こないだダウンタウンの番組にショーケン出てたから、
テンプターズのメンフィス録音を。ブラスがマーキーズやねんな。
切り抜きあるのに300円したわ。

ライラックタイムのダフィーがティンティンいうてた頃のシングルが50円。
ダフィーはデビュー前のデュランデュランのメンバーなんよな。
XTCのアンディーパートリッジがプロデュースした、
ライラックタイムのアルバム好きやったな。

PPMを持ってないことに最近、気付いたので100円と50円のやつを。
100円レコードはいつでも買えるから持ってるようなもんやけど。

4枚でしめて500円。ライブハウスでビール呑む値段やわ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-06-01 13:18 | 7インチレコード | Comments(0)

ニートビーツ

NU茶屋町のタワーレコードでニートビーツが、
インストア・ライブしてたので無料やし観に行く。

ニートビーツがワンマンで50年代~60年代の7インチを、
来場者に必要不要に関わらずプレゼントした話を聞いて、
ライブ観たいなぁって思っててん。

実はライブ観るの初めてやったけどカバーばっかりで良かった。
カバーアルバム出たとこやからやろうけど。
a0138550_151163.jpg

がっつり30分ぐらいライブやってたしタダで観て申し訳ないんで、
コースターズの「ヤケティヤック」をやってる7インチを買う。
レコードプレイヤー持ってない人のためにCDもついてた。
CDは曲順ちゃうかったけどなんでやろ?
「ヤケティヤック」良かったけどカバーとオリジナルの落差激しいな。
ニートビーツはずっと7インチ出してて愛を感じるわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-05-10 15:15 | 7インチレコード | Comments(0)

大宮グッドフェスティバル

大宮のライブサーキットに参加。
レコードを売ってるスペースがあったので7インチを物色。
マーサ&ヴァンデラス、ドノヴァン、クラッシュと買う。けっこう安かった。
a0138550_14294050.jpg

あとホイットニー・ヒューストンも。
「セイヴィング・オール・マイ・ラヴ・フォー・ユー」好きやわ。
ピーター・バラカンがソウルを感じないと言ったので、
日本のソウルファンは、ホイットニー・ヒューストンを好き、
と言ってはいけない空気があるけど、
よぉ考えたらピーター・バラカンって白人やのに、
黒人のソウルを感じるかどうか語られてもなぁ。

ピーター・バラカンのような白人ソウルファンしかり、
日本のソウルファンもそうやけど、自分らの理想のソウル像を決め、
モータウンやホイットニーを白いっていうのん謎やわ。
モータウンもホイットニーも黒人に支持を得てたのに。
それにしてもモータウンの7インチはオトぶっといわぁ。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-05-10 14:44 | 7インチレコード | Comments(2)

ブラックアークレコード

京都でライブだったんで、久し振りにブラックアークレコードへ。
リー・ペリーのスタジオからとられてるように、
レゲェの店やけどソウルの7インチも充実してて、
ここはソウルの7インチをよく買ってます。
a0138550_14182254.jpg

こないだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み」の本を読んだとこなんで、
ベタやけど持ってなかったミラクルズやシュープリームスを。
オザケンの元ネタはアルバムにしか入ってないと思ってたら、
ジャクソン5の「メイビー・トゥモロウ」のB面やったんでそれも。



あとちょっとだけロックの7インチもあるのでロイ・ウッドを。
イギリス買い付けなのかソウルはUK盤、ロックもUKロックが多い。
この店いっつも値付けよりまけてくれてるので、
今回は予算2000円やけど2000円オーバーで買ったら、
やっぱり2000円以内に収まった。ええ店やわ。また行こう。
[PR]
# by aunsansuzie | 2016-05-10 14:22 | 7インチレコード | Comments(0)