ブログトップ

あうんさん・すうじぃの7インチブログ

aunsan.exblog.jp

カテゴリ:7インチレコード( 391 )

はいからさん

100円レコードばっかり買ったら申し訳ないので新譜も。
はいからさんの7インチ「よくねる女の子」を。
a0138550_225532.jpg

レーベル・デザインがハイ・レコードのパロディー。
ちょうど一緒にアン・ピープルズも100円で買ったんで嬉しい。
a0138550_2271023.jpg

そんなはいからさんの近田くんとライブします。

10/14(金)三鷹バイユーゲイト
「男の中の男達」
出演
近田崇仁(はいからさん)
あうんさん・すうじぃ
三浦雅也(夜のストレンジャーズ)

開場19:00 開演19:30
charge ¥2000
[PR]
by aunsansuzie | 2016-09-27 22:11 | 7インチレコード | Comments(0)

キノコホテル

100円レコードばっかり買ったら申し訳ないので新譜も。
りこちゃんがジャケのデザインしたキノコホテルの7インチが1800円。
a0138550_21594961.jpg

あとイグワナズのレコードは514円以下やったんで100円。
スピンドルスやガソリンなどもあったんで界隈の人は売った模様。
ドーベルメン01も前はあったけど買われていったようでなくなってた。
7インチは好きやけど基本、1000円以上の価値はないと思います。
1800円は高すぎるし100円は安すぎるわぁ。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-09-27 22:01 | 7インチレコード | Comments(0)

ディスクユニオン100円セールその2

Tanyさんから今日もユニオンで100円セールやと嬉しい知らせ。
ホームページや公式ツイッターではそんな情報なかったのに。
さすがTanyさん、情報をネットやなく足で稼いではるわ。
さっそく行って来ました。こういう時、ユニオンが近所で嬉しい。
数年前までは梅田にレコード屋が少ないので嘆いてたのですが。

オレンジと水色のタグ以外の中古レコード514円以下が100円。
俺は色盲でオレンジと黄色の区別がつかなくて辛い。
キングコングもタグの色でセールするので、色盲で困る唯一の瞬間。
a0138550_21423436.jpg

インペリアル・レコードのファッツ・ドミノとスマイリー・ルイスを各100円。
インペリアル・レコードの紙袋が嬉しい。
ファッツ・ドミノってチャック・ベリー、ボ・ディドリー、リトル・リチャードの
黒人ロックンロール・オリジネイター四天王の中で一番人気ないな。
でも70年代まではレコード売り上げ枚数が、
エルヴィス、ビートルズに次ぐ第3位ではめっちゃ人気やったんですよ。
なんと65曲ものシングルがビルボードのトップ100に入ってます。

あとはオーティス・クレイのハイ・レコード以前のシングル、
サーチャーズの名盤「針とピン」がオリジナルで各100円。

明日までやってるんで気になる人は是非。色盲の人は気をつけてぇ。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-09-27 21:49 | 7インチレコード | Comments(0)

ディスクユニオン100円セール

Tanyさんがツイッターで、「ディスクユニオン大阪店、本日限り、中古レコード514円以下が100円セール。」とつぶやいていたのでたまらず行って来ましたよ。
a0138550_12185854.jpg

オーティス・レディングやファッツ・ドミノが100円。アイズレー・ブラザーズの分派、アイズレー・ジャスパー・アイズレーはノーマン・クックがおったハウスマーティンズもカバーしてた「キャラバン・オブ・ラブ」。

まだまだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」を引きずってます。スティービー・ワンダーやシェリル・リンのベタなやつもオリジナル盤が100円。
a0138550_12235443.jpg
a0138550_12244312.jpg

5枚で500円ってディスクユニオンこんなんしたらあかんやろ。いや嬉しいけど。他のレコード屋は絶対勝たれへんやん。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-09-14 12:31 | 7インチレコード | Comments(0)

ピート・タウンゼント・ファンクラブ

先日、アサオカ01、シンムラテツヤのレコ発でDJしてきました。
ライブの間にするDJは楽しい。
なるべくライブする人の好みにあわせてかけようとしてます。

シンムラくん「ピート・タウンゼント・ファンクラブ」って曲をやってるので、
ピート・タウンゼントの「ハートの扉」って曲をかけました。
1980年に全米9位のヒットソングなのに、
ロックファンにはまったくもって知られていない曲。
もしかしたらフーが好きって人にも知られていないのか?
a0138550_121674.jpg

シンムラくんのTシャツがキンクスやったんでキンクスもかけました。
「ひなたぼっこが俺の趣味」
a0138550_12171623.jpg

対バンならぬ対DJのナカグチくんもスネイキーさんも
「ときめきトゥナイト」を持って来てて3枚そろった。
3人で交代交代まわすん楽しかった。レコードで遊ぶんおもろいな。
a0138550_12185381.jpg

シンムラくんの7インチも入手。
最近はみんな7インチ出してて嬉しいわぁ。
a0138550_12211344.jpg

[PR]
by aunsansuzie | 2016-09-13 12:26 | 7インチレコード | Comments(0)

ビルボード・ナンバー1

「ビルボード・ナンバー1・ヒット」という本を借りたので、
全米1位について考えてます。
a0138550_11575240.jpg

全米1位獲得曲数をランキングはこんな感じです。
1位20曲 ビートルズ
2位18曲 エルビス・プレスリー、マライア・キャリー
4位13曲 マイケル・ジャクソン、リアーナ
6位12曲 マドンナ、シュープリームス
8位11曲 ホイットニー・ヒューストン
9位10曲 スティービー・ワンダー、ジャネット・ジャクソン
11位9曲 ポール・マッカートニー

50年代はエルビスの時代、
a0138550_11511197.jpg

60年代がビートルズ、シュープリームスの時代、
a0138550_11521932.jpg

a0138550_1232651.jpg

70年代はスティービーとポールの時代、
a0138550_11531826.jpg

a0138550_11534018.jpg

80年代はマイケルとマドンナの時代、
a0138550_1155335.jpg

90年代はホイットニー、ジャネット、マライアの時代、
00年代はリアーナの時代とだいたいこういった感じですかね。
正確には時代をまたがってたりしてますが。
ポールはビートルズとあわせるとさらにすごいですね。

こうしてヒットチャートを冷静に見ると
ロックって80年代には終わってるよなぁと思います。
90年代以降は女性R&Bシンガーの時代ですね。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-09-13 12:04 | 7インチレコード | Comments(0)

ロマン商店

京都のロマン商店に行きました。ここの店は安くてええ店です。

こないだ「ラ・バンバ」をカバーしたのでロス・ロボスのを。
スパイダースのあまり見ないシングルも共に100円。
a0138550_17291415.jpg

3枚100円コーナーの中からは、
タイガースのソノシートとジュリー、カッツェ。
a0138550_1736623.jpg

前にカッツェの中村敦を今でも大ファンって人にあったな。
そんな人は嬉しいわ。清志郎ファンでRCしか聴かない人は残念に思う。
カッツェのレコード、あんましやったけど。

5枚でしめて300円って安いわぁ。ロマン商店ええ店やわ。
大阪にあったらもっと行ってるわぁ。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-08-31 17:40 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その3

まだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」を引きずってます。
ストレイトレコードにこないだ手持ちがなくて買えなかった
マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」を買いに行きました。
a0138550_14271961.jpg


この本を読んでわいた疑問、
1974年で何が変わったのかをずっと考えてまして、
マーヴィン・ゲイのR&Bチャート1位の流れを見てやっとわかりました。

1969年のソウルの時代
「Too Busy Thinking About My Baby」で1位。
a0138550_14363452.jpg

1973年のファンクの時代
今回買った「Let's Get It On」が1位。
a0138550_1438158.jpg

1977年のディスコの時代
「Got to Give It Up」が1位。
a0138550_143851100.jpg

1982年のブラックコンテンポラリーの時代
「Sexual Healing」で1位。
a0138550_1439447.jpg

「Sexual Healing」だけ再発ですが。

1974年以降好きやなくなったのは個人的に
ディスコ・ミュージックにソウルを感じないってことです。
そりゃダンス・ミュージックとしては機能的やけど、
「Got to Give It Up」は好きやないわぁ。

それに比べたら80年代ブラコン・サウンド「Sexual Healing」の方が、
全然ソウルを感じます。サウンドが打ちこみになったけどソウルフル。

なんのかんのと色々考えさせられた本でした。
時代順に聴くことによって見えるものがありました。
ネット時代はみんな点でしか聴いてないので、
点を線にして流れを感じるのって大事やと思います。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-08-30 14:55 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その2

「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」
なんて本を読んだら7インチ欲しなるわぁ。
さっそく梅田のストレイトレコードへむかう。

ジョー・テックスの「アイ・ガッチャ」
a0138550_1345015.jpg

ビル・ウィザースの「リーン・オン・ミー」
a0138550_13455731.jpg

2枚で500円にまけてくれた。ええ店やわぁ。
どちらも1972年のNo.1シングル。
1973年までの1位やったら間違いないわぁ。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-08-19 13:49 | 7インチレコード | Comments(0)

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編

前にブルース&ソウルレコーズから出た、
60年代のR&Bチャートで1位になった曲を紹介した本、
「No.1 ヒットで知るソウルの歩み」の続編が出てました。
今回は70年代のR&Bチャートで1位を紹介。
a0138550_16164951.jpg

134曲紹介されていて、モータウンやスタックス、アトランティック、
フィラデルフィア・インターナショナル、ハイなど14枚持ってました。
a0138550_16212751.jpg

再発や日本盤も入れたらもっと持ってるんですが、
本で紹介されてるのはオリジナル盤なんで。

1973年までは好きな曲が多いのですが、
1974年に入ると途端に好きな曲が減っていきます。
軽薄なディスコばかりになってきてグッときません。
パーラメントやファンカデリックなどしか好きな曲がないです。
a0138550_16223040.jpg

最後の1979年にマイケルとプリンスが出てきて救われる気分。
でもこの2人はソウルやファンクとは違う音楽を作り上げた気がします。

ずっと自分のことを70年代ソウルも好きやと思ってたんですが、
断然60年代ソウルファンやわ。それにしても1974年に何が変わった?
[PR]
by aunsansuzie | 2016-08-18 16:34 | 7インチレコード | Comments(0)