ブログトップ

あうんさん・すうじぃの7インチブログ

aunsan.exblog.jp

No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編 その3

まだ「No.1 ヒットで知るソウルの歩み 70年代編」を引きずってます。
ストレイトレコードにこないだ手持ちがなくて買えなかった
マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」を買いに行きました。
a0138550_14271961.jpg


この本を読んでわいた疑問、
1974年で何が変わったのかをずっと考えてまして、
マーヴィン・ゲイのR&Bチャート1位の流れを見てやっとわかりました。

1969年のソウルの時代
「Too Busy Thinking About My Baby」で1位。
a0138550_14363452.jpg

1973年のファンクの時代
今回買った「Let's Get It On」が1位。
a0138550_1438158.jpg

1977年のディスコの時代
「Got to Give It Up」が1位。
a0138550_143851100.jpg

1982年のブラックコンテンポラリーの時代
「Sexual Healing」で1位。
a0138550_1439447.jpg

「Sexual Healing」だけ再発ですが。

1974年以降好きやなくなったのは個人的に
ディスコ・ミュージックにソウルを感じないってことです。
そりゃダンス・ミュージックとしては機能的やけど、
「Got to Give It Up」は好きやないわぁ。

それに比べたら80年代ブラコン・サウンド「Sexual Healing」の方が、
全然ソウルを感じます。サウンドが打ちこみになったけどソウルフル。

なんのかんのと色々考えさせられた本でした。
時代順に聴くことによって見えるものがありました。
ネット時代はみんな点でしか聴いてないので、
点を線にして流れを感じるのって大事やと思います。
[PR]
by aunsansuzie | 2016-08-30 14:55 | 7インチレコード | Comments(0)
<< ロマン商店 No.1 ヒットで知るソウルの... >>