ブログトップ

あうんさん・すうじぃの7インチブログ

aunsan.exblog.jp

亀淵昭信のロックンロール伝

「亀淵昭信のロックンロール伝
 16歳の僕はドーナツ盤に恋をした」
って本を読みました。7インチ好きなら必読。

コロムビアが12インチ33回転で小さい穴
RCAが7インチ45回転で大きい穴。
1949年にどちらが統一規格になるか
VHSとベータのように争ってたそうな。

だから7インチは穴が大きいんですね。
ちなみにあの穴とアイポッド・クラシックの
クリックホイールは同じ大きさなのです。

結局、RCAが折れてLPを作ったのですが、
コロムビアもシングルを作りました。
大人はLP、若者はシングルを買ってたので
結局どっちも統一規格になったのですね。

写真はRCAの7インチ、
エルビス・プレスリーのデビュー・シングル。
もちろん再発の再発の再発。
RCAゴールド・スタンダード・シリーズです。
a0138550_2259977.jpg

[PR]
by aunsansuzie | 2012-01-23 22:54 | 7インチレコード | Comments(5)
Commented by ごう at 2012-01-24 13:32 x
面白い話やな。しかし、ハードの方はどうなってたんかな?
Commented by すうじぃ at 2012-01-24 15:54 x
ハードのほうも大きい穴のプレイヤーと
小さい穴のプレイヤーがあったらしいですよ。
Commented by ごう at 2012-01-24 16:14 x
へぇっ〜!あんな太い棒のプレーヤーがあったんや。てっきりジュークボックス規格やと思ってたわ。
Commented by 妖精さん at 2012-01-25 07:43 x
iPod classic の話、知らなかった。
まさか勉強させていただくことになるとは!
Commented by すうじぃ at 2012-01-25 16:21 x
ごうさん、大きい棒のプレーヤーの写真載ってました。
妖精さん、アイポッドにレコードのアダプターつけたらぴったりでしたよ。
<< ELO 二谷英明 >>